忍者ブログ
 
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 木曜日に学生生活最後のテストを受けてきました。


 国家試験も受かって完璧に終わらせたかったですが、それは次のゴールという事で。

 
 まだいまいち実感が湧かないけれど、来週は卒業式。 あっという間です。




 そういえば5月1日はスポーツ界に衝撃が走った日。


 1994年のこの日、F1界のスター「音速の貴公子」として知られたアイルトン・セナがこの世を去った日です。
 
jj.JPG
 当時小学生だった僕は、周りの友達とは違った趣味の一つとして「F1」がありました。 

 
 兄の影響で見ていたこのスピードの限界を超えた戦いが少年の僕の目には凄くかっこよく映り、レーシングカーの絵を描いたりプラモデルを買って作っていたのを覚えています。


 マクラーレン・ホンダを操るブラジルの貴公子は、どんなカーブでもブレーキを使わずにアクセルだけでスピードを調節するいう技術を駆使して、何度もチャンピョンに輝きました。 


 車の免許を取る時、彼の技をどうしても極めたく教習所でブレーキをなるべく使わない走行をして怒られた事もしばしありました。


 そんな彼は94年のサンマリノグランプリにて左カーブでコントロールを失い、壁に激突。車のサスペンションの一部が頭蓋骨に突き刺さり即死だった。


 http://youtube.com/watch?v=SlzG0362xyI

 
 F1レーサーになりたいわけでもなかったけど、彼のかっこよさやパフォーマンスにとにかく魅かれていた。 そんな彼の死を耳にした時にはショックだった。


 
 そんな一昔のことを考えていた今年の5月1日でした。。
 

 


 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

<< 韓国人マイナーリーガー HOME "bread and butter" >>

忍者ブログ [PR]