忍者ブログ
 
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 イチロー選手は日本球界にいた頃、あるオールスター戦でピッチャーとして登板したことがあるのは皆さん知っているでしょうか?


 そして新庄選手も阪神時代は野村監督の一言でオープン戦に登板したこともあります。


 
 高校時代はピッチャーをやっていたというプロ野球選手はそう珍しくないもの。 


 あの清原だって高校時代は甲子園でも登板したしね。



 でも、いくらピッチャー経験があるからといって1年以上投げていない内野手に突然9回の表投げさすのはどうだろうか?


 2番手サードとしてココ最近試合に出ていなかったJが、緊急登板をすることになった。 それもサード用のグローブで。 実にアメリカらしい。

 JF.JPG


 野球部に1年近く帯同しているけど、Jにピッチャー経験があるということは全く知らなかったし、ピッチャーであったという面影も全く感じない。 ただいえるのは、ピッチャーにありがちな独特の性格と常にポーカーフェイスだということくらい。


 試合は大量失点を喫し、もう捨て試合だった。 もう怒りを通り越して笑いが止まらない監督はベンチで、


 「おい、ピッチャー経験のあるやついるか?」 という質問に対して、Jはふざけ半分でYESと答えてしまった。


 だれがこれを登板指令として捕らえただろうか。



 すぐさまブルペンに駆け込み、肩を作り始めた。 何度も言うようだがサード用のグローブで。



 もちろん相手はそんな事は全く知らず、普段投げているピッチャーだと思っただろう。



 でも味方ベンチは笑いの渦。 だって全然ピッチャーぽくないんだもの。


 
 それでもカットボール、スライダーと旨く使い分け1三振を含むパーフェクトピッチ。



 今日登板したピッチャー陣の中で一番良かったのがJでした。



 ストライクを取るごとに湧き上がった球場の異様などよめきに、相手は戸惑ったことでしょう。



 

PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

<< ボールフェチ HOME 紙一重の世界 >>

忍者ブログ [PR]