忍者ブログ
 
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 何だか旅の疲れと昨日の筋トレが重なり最悪の寝起きで迎えた今日。わりと天気もよくなり始め、これから花粉のシーズンが到来しようとしています。


 昨日起きた事なんだけれど、ジムでアメリカ生活2度目になる出来事に出くわしました。


 まずは1度目のをご覧下さい。


 2度目の今回は、大胆にも相手は空手胴着で登場。


 ガラス越しにウォーミングアップを兼ねてフォームを確認する彼。いかにも僕の存在を意識している。


 ヘッドフォンを着けていた僕に近寄ってきて、何かを言い始める。


 ヘッドフォンを外すと、彼はこう言う、


彼「君どこから来たか聞いてもいいかな?」


僕「日本ですけど・・・」


彼「そっ、そうですか。。聞いた話によると日本の学生は体育の授業で空手や柔道などのレッスンを受けると聞いたのですが。」


僕「僕の学校はそうでしたよ。僕は柔道と空手を取りましたよ。」


彼「GREAT!! 失礼ですが、僕のフォームを確認してもらえますかね??」


 
 と完全に何かを勘違いされているので、正直に言いました、


僕「空手はタダ遊び半分で取ったクラスなので、人に教えるようなスキルは無いんですけれど。」


彼「そうか、でも本場の人に見てもらいたいんですよね。。」


 1度目の時の全く似たようなセリフに僕は彼の願いを叶わせなくないにはいられなくなりました。


 そしたら彼、嬉しくなってジムのど真ん中で声付きで練習しはじめちゃいました。


 もちろん彼には満点を挙げました。


 嬉しそうな姿で去っていく彼のつま先でホップするように歩く華麗な姿、忘れることはないでしょう。


 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

<< やっとReady HOME ベン切れる@SEATA >>

忍者ブログ [PR]