忍者ブログ
 
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 今住んでいるアパートに移り住んでから今年で2年目ですが、今日始めてゴキブリを目にしました。部屋を常にきれいに保っていたはずなのに、まさかの出来事です。でも以前住んでいた寮やアパートになんか比べてら、今の場所は数倍も住み心地がいいです。

 
 クラスの課題で「履歴書」を書いて来いというものがあります。僕はいつでも出願できるようにと、毎学期改訂しています。


 NFLインターンの際に送った履歴書は、実際学校で開校されている「履歴書の書き方」を教えている教授や、元プログラムディレクターの教授や昨学期まで教えてもらっていたDr.パイランドにも見てもらっているので、ほぼ完璧な仕上がりになっていました。


 そしてこの課題を与えたスタッフの1人が言うには、


 「内容が薄い」 とのこと。


 赤ペンでいろんなことを付け足され、結局全部直したら合計5ページくらいに及んでしまいます。


 通常、履歴書は多くても2ページといわれています。


 納得できずに、今就いている上司にも聞いてみたら、


 「ちょっと内容が弱いかな・・」 と。


 
 納得のいく訂正をくらうのは全然構わないのですが、両者とも訂正する際に、僕がもともと述べようとしている趣旨を全く変えてしまうことが僕にとって一番尺に触ります。



 内容がいくら薄いからって、たくさん書けばいい。って事ではないということ。


   自分のバックグラウンドをいかに簡潔に、尚且つ卓越した内容にまとめるのは色々な人からの訂正を貰って出来上がるものだけれど、今回の訂正は決していただけるものではないと思いました。  

     
    まあ今回は訂正されたところを言われたとおり直さないと成績に響くので仕方なくやることに。 


 でも間違いなくその履歴書はゴミ箱行きでしょう。
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

えぐい
コメントありがとう。レジュメなんだけど、慶太郎君の言う通り取っておきます。後から何が起こるか分からないしね。冬は俺も帰国するから横須賀に攻めたいと思います。
Yutaka 2007/10/18(Thu)00:10:25 編集
無題
ひさしぶり!ずっとチェックできてなくてまとめて読ませてもらいました。漆の写真はエグイね・・・それを乗せるゆたかくんもエグイね・・・
それはそうと、5ページの履歴書は多分Curriculum vitaeとして直されたんじゃない?Resumeは2ページまでだけどVitaeは経験したことすべて載せるから何ページになってもかまわないとか。僕は両方持ってるし、捨てずにとっておいてもいいんじゃないかな?
慶太郎 2007/10/16(Tue)00:30:57 編集
<< ツタウルシ HOME ひふ >>

忍者ブログ [PR]