忍者ブログ
 
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [523]  [522]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 現在履修している薬学ですが、課題であるペーパーに取り掛かっています。


 トピックは、「NFLにおける薬物規制」 です。


 課題はNFLのみならず、地域の学校から世界のあらゆるチームまで何でも良かったのですが、昨年のインターン時の体験も生かし、このトピックにしました。


 さっそくその規約のデータをネットで探してみてみたところ、実に30ページ。


 4年生にもなって、文献を読むのが嫌いなんて言うのは恥ずかしいことですが、得意な方ではありません。。


 でも実際読んでみると、必要な部分はほんの3/1。他にも情報を掻き集め、ある程度の素材が集まりました。


 
 それにしても、ステロイドを筆頭に薬物使用の目立つアメリカン・プロフェッショナル・アスリート達。NFLは他の3大スポーツに比べると、薬物検査の回数も多く、罰金の額もトップです。


 それでも毎年のように、いろんな名の通る選手達が違反していくんだよね。。。


 日本もどんどん厳しくしていかないと。。子供が真似しちゃうよ。現にもうこの国ではそうなりつつあるから。。

PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
アメリカの薬物はひどいですね。
ボンズ、マグワイア、クレメンス、マリオン・ジョーンズとその旦那、ガトリン、ツールドフランスの人。。。
ありとあらゆる種目のトップが薬物付け。
逆に薬物を使ってない一流選手を探す方が難しいですね。
確かテキサスでは高校で薬物検査をしたんだっけなぁ?
これからするのかな?
もう、そんな年代まで薬物の心配をしなくてはいけなくなっては終わりですよね。
なおき 2008/01/31(Thu)02:11:08 編集
<< マリファナ 覚醒剤 エトセトラ HOME ベンに対する態度 >>

忍者ブログ [PR]