忍者ブログ
 
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 1週間に2回まで献血ができるということなので今日も行ってきました、プラズマ(=血漿)献血。本当は$25のはずが、おそらく計算ミスで$35に。もちろん黙ってました。ラッキー。

 
 そういえば昨日自分のアパートの敷地内であやしい2人組を発見。あまりにもあやしいのでちょっと追ってみることに。

 見た目は高校1年生くらいの黒人2人。この辺に住む住民はそこまで裕福でない家族が集まるエリア。以前にも自転車の窃盗などが起きていた。

 2人は駐車場の車1台1台のドアを確認し始め、その近くに駐車されているバイク、そして自転車もさりげなくチェックしていた。

 隣近所に住む友達の部屋の前についた瞬間、あやしい2人組が僕に声を掛けてきた。


怪「それお前のチャリか?」

僕「ああ」

怪「ちょっと貸してくれないかな?」

僕「何で?」

怪「ちょっと借りるだけだよ。」

僕「だから、何でか理由を言え。」


 といった具合に駐車場越しにこのような会話を交わし始めた。

 
 すると2人、

怪「じゃあいいよもう。」


 と、ちょっと怒り気味になったので、

僕「お前らさっきから見てたぞ、盗もうとしてたんだろ?」


 と図星をつかれた2人。首だけを振って敷地内を出て行きました。


 すぐに大家さんに連絡したかったのですが、5時以降オフィスはもう閉まっているし、電話も通じない。(ちなみに事が起きたのは5時半頃)


 で、今日の朝大家さんにその事を報告。できることなら注意書きのようなものをアパートの敷地内に貼ってもらいたいということも伝えました。

 オフィスの閉まる夕方5時以降のこのような事件は大家さんも承知済みのよう。次回からは渡された電話番号にすぐ連絡するように伝えられた。
 
 普段からセキュリティーに関しては気を十二分に払っている僕ですが、これからももっと注意しないとだめですね。

 
 次怪しいやつにあったらこのプラズマ献血でも紹介してあげよ~
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
すごくないですよ。相手はガキだったんで、そこまで危険を感じませんでしたよ。むしろ向こうが僕の英語を完全に理解していたかは分かりませんが。
Yutaka 2006/05/21(Sun)12:51:05 編集
無題
ユタカ君すげー!俺だったらちょっと怖くて近づけないな、まして”盗もうとしたたんだろ?”なんて。低所得区域の黒人餓鬼相手に強すぎ。
Yuji 2006/05/21(Sun)00:21:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 日焼けと教科書 HOME 出発前日・・・ >>

忍者ブログ [PR]