忍者ブログ
 
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 同じ野球部で働く3年生の学生トレーナーの子が、ちょっとした悩みを持ちかけてきた。


 「選手は私にストレッチとかテープとか巻いてもらいたくないのかな?」 と。


 僕が実習を始めたばかりのとき思っていたことと一緒であった。


 「女だから」 とか 「3年生」 だからとかそういうことは全く関係ない。


 選手はそこまで考えるほど頭は回らないし、ただ単に、なれている上司か僕を指名するだけ。


 そんなことは悩むことじゃないよ。とは伝えてあげた。


 トレーニングルームに入ってきたら、真っ先に声をかけてあげるように彼女にはアドバイスする。


 すると早速入ってきた選手の足首のテーピングを巻いてあげていた。 


 僕はやることが無かったけど、わざと机の上の書類に手を当て始め忙しそうに見せ、彼女にほぼ全てのことをやらさせてあげた。


 自分より体の大きい選手達の体をストレッチする彼女の額からは汗が流れていた。で満面の笑みで、


 「今学期初めてストレッチできた!うれしい!!」 


 と少しでも自信が付いたみたいだ。 


  
 でもたかがストレッチ1回で、こんなに喜ぶということは、3年生達の実習経験がいかに浅いかが考えられる。学部内でも話題にはよくなるが、去年の僕らに比べても明らかに知識が無さすぎ。 


 学部長、先生達の責任にどうしてもなってしまうが、僕ら4年生ももっと積極的に下級生にも教えていかないと。それによって僕らも学べることが出てくるだろうし。


 
 学生生活残り3ヶ月、少しでもこの学部の向上に貢献できればな~なんて今日改めて感じました。

PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

<< 上司はスタローン HOME みんなダウン >>

忍者ブログ [PR]