忍者ブログ
 
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 土曜日なのに今日は学校へ。毎年義務付けてられている応急処置の再更新のためです。期限は8月に切れることになっていますが、その時期はインターンで受けれないので、ディレクターである便(ベン)が特別にクラスを開いてくれました。


 来週卒業する4年生のためにも開かれたこのクラスでしたが、結局参加したのは僕1人だけ。


 朝9時から12時までずっと便と2人きりでした。


 最更新の試験は実技と筆記。筆記はAirst Aid(応急手当)と AED (自動体外式除細動器=心臓停止した人に電気ショックを与えて救命する機器)の使用法について。実技は人工呼吸とAEDについて。


 


 これまで毎学期と練習してきた人工呼吸だがさすがに朝早くから1人でマネキンに向かって息を吹き込むのはこれが始めて。それも便と一緒に。


 人工呼吸の際、2度患者に息を吹き込み30回の胸部圧迫をするわけだが、数をカウントする際に声を出すことが義務付けられている。


 人工呼吸は1秒が命を左右するシビアなアクションなので、息を吹き込む際も1秒ずつのカウントの仕方もスキルの1つ。なので基礎として、


 "1 one thousand, 2 one thousand, 3 one thousand....."

 
 というリズムが時計が1秒を刻む速度とほぼ同調していることから、このフレーズがよく使われる。


 ちなみに去年は、


 "1 Mississippi, 2 Mississippi, 3 Mississippi" とも教わっている。

 
  "ミシシッピ"と言うだけでも1秒かかるということ。そんな州に住んでいるということが誇りに思ったりもします。


  
 というわけで、今回は "One thousand..."方式で人工呼吸を開始。


 1人ぼっちでさすがに同じ事をずっと口にしていると自分でも何を言っているか分からなくなってしまい途中つい、


 「湾岸サウザンド」 や 「ワンワンワンランド」 とも言ってしまいました。
 

 さらに途中見ているだけでは気が済まなかったのか、便もカウントを手伝ってくれました。それも彼が知っている日本語で。。


 「イチイチサウザンド」「ニーニーサウザンド」と。


 さすがに「サン」を忘れてしまったのか突然、

 
 「スリーワンサウザンド」に戻ってしまいました。 


 いつもみんなにブーブー言われている便ですが、ちょっとその瞬間優しさを感じました。


 もう便とは書きません。これからは勉で。

 
 
 ちなみに、再更新無事済みました。


 
 
 


 
 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
「湾岸サウザンド」 や 「ワンワンワンランド」のところで、思いっきり噴出しちゃったよ(笑)私もカウントしてるときに噛んだ経験あり(笑)
misako 2007/05/07(Mon)07:33:54 編集
<< HOME Ghetto校 完結編 >>

忍者ブログ [PR]