忍者ブログ
 
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 今日で今学期全てのクラスが終了しました。同時に実習先の高校での仕事も今日が最終日。来週からは期末試験を残すのみとなりました。

 
 今学期の実習先であるハティスバーグ高校は以前にもちょくちょく書きましたが、町の安全地帯からちょっと離れた場所にあるためちょっと危なっかしい雰囲気さえ感じることが出来ます。

 
 振り返ってみるといろんなことが起きました。


 意図的に起こした交通事故と銃の乱射


 4歳児による不正な言語使用


 そして本日最終日にしてまたあたらな事件が起きました。


 先日の練習中、タックルをした際軽い脳震盪を起こした選手。その日は練習を中止し、親に病院に連れて行ってもらうはずだった。


 今日練習前トレーニングルームに姿を現した彼はこう語る。


 「昨日病院行かなかったっす。っつうかうちの親がアホなんで。」


 彼の言っていることが分からなかった僕らはもっと詳しく説明してもらうことに。


 「昨日家帰った後親と喧嘩して、結局病院行けなかったんっす」

 と言う。


 確かに先日怪我が起きた際、ボスはしっかり選手の親に電話をして彼を迎えに来てもらっている。その際、親には彼を病院に連れて行って医者に観てもらう。という約束を僕らも聞いていた。


 ただ、その親を見る限り頼もしそうな父親ではない。見た感じだらしないし、ろくに喋れない。ちょいアル中気味だったし。


 怪我直後症状が出なかったとしても、脳震盪の怖い所は後発症状がありうるという事。直ちに医者に観てもらうことが最優先である。


 そんな親子関係にあきれたボスはすぐ選手の親に電話をし、再びトレーニングルームを訪れてもらうことに。


 「こんな奴連れて行きませんからね、病院なんかに。」と言い張る父。


 「もともとこいつはね、ろくに家になんて帰ってこないからトレーナーさん達の方が息子のことはよく存じ上げているはずですよ。」


 と僕らの前で厳しい親子関係をぶち明け始めるダメ父。


 何とか説得して病院には連れてもらうことになったが、それにしてもひどすぎる。


 後で聞いたら、両親は数年前に離婚してしまったようだ。それから父は荒れ狂い、息子は孤独になり学校でも成績が優れていないよう。


 そういった家族はこの辺では珍しくないらしい。今年で同学校トレーナー暦10年目の迎えるヘッドはそう言う。


 そのヘッドが練習後僕ら学生トレーナーを食事に連れてってくれて、彼の経験談を僕らに語ってくれた。



 最後の最後までここはゲトーだったな。

 


 


 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

悲惨
大きい亜紀子さん
 悲惨な話ですね。むしろ彼の場合はまだ学校に行けているだけいいかもしれませんね。学校行きたくても行けない環境におかれている子供だっているわけですからね。
Yutaka 2007/05/06(Sun)11:48:34 編集
無題
この子のお父さんは迎えに来てくれるだけましかも・・・。クリニックにいると、虐待を受けてたり、ネグレクトされてたり、家にねずみの死骸がゴロゴロ落ちてたり、想像を絶するような環境で育ってる子供の多さにびっくりするよ。弱いものに優しくない社会だからね。
大きい亜紀子 2007/05/06(Sun)11:47:01 編集
<< ワンワンサウザンド ツーワンサウザンド HOME 背景変えず。 >>

忍者ブログ [PR]