忍者ブログ
 
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 アスレチック・トレーニング学部に入ってからもうすぐ1年が経ちます。


 入部してからずっとお世話になっているドクター・パイランドという教授がいる。


 彼は日本で活躍されているアスレチックトレーナーの方々とも非常に強いコネクションを持ち、学生時代の教授と現在手を組んで世界にアスレチックトレーニングを広める活動もしている。


 前から噂には聞いていましたが、本日彼の口からこの学部を出て行くという事を聞かされた。。


 3年ほど前にこの学校に転職してきてから、この学部を少しでも良くしようと取り組んでいた同教授。授業のクオリティーを更に上げ、実習時間と授業を限りなくフラットにさせて認証試験の合格者の確立を上げる努力をしてきた。


 その他にも彼が僕ら生徒のために取り組んできたことは数え切れないほど。1つでも多くの生徒向けの学会に参加させてくれたり、学校外からゲストスピーカーをつれてきてくれたり。。


 ただ、学部長にはそれが気に食わなかったようで、今学期限りで学部内を一転させるということを告げられたようだ。


 パイランドは以前から他の学部からの仕事依頼をもらっていたので、来学期からはそこで落ち着くことになった。


 ただ、今日知ったことは、僕ら生徒に少しでもいい学習環境を整えようと取り組んできた彼の努力は上のものに弾かられ来学期から彼の教えるはずであったクラスは全てキャンセルされた。


 ということを彼は目に溜まった涙をこらえながら僕らに吐いた。


 今学期が始まってからいつ僕らにそれを伝えようかずっと悩んでいたという彼。期末テストの1週間前の今日、その時が来たと言っていた。


 最上級生になる来学期、僕らには次々と問題が流れてくるはず。


 ただパイランドは僕らなら出来る、と。


 生徒が Passion (=情熱)を持てばこのプログラムは良くなると、最後言葉を残してくれた。


 
 それにしても、マジ来学期誰がクラス教えるんだ・・・・



 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

BEN
残念ながらその結末ありえそうです。できれば「し」さんに来てもらって教えてもらいたいです。
Yutaka 2007/05/03(Thu)09:19:15 編集
無題
便?
2007/05/01(Tue)14:20:50 編集
<< 集大成 HOME すでに2敗 >>

忍者ブログ [PR]