忍者ブログ
 
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 アメリカ南部の子の特徴の一つに「礼儀」がある。親が子供にしっかりと「はい、そうです」「いいえ、ちがいます」と徹底的に教育するのはどこも一緒だと思うが、自分の親にまでもそのような尊敬の意を表すことはこの南部では不思議なことではない。

 
 実習先のゲトー高校、ちょっとおばかさんの集まりだが、彼らの言葉遣いにはいつも感心している。


 質問に対してはしっかりと"Yes, Sir.", "No, Sir"と何だか僕らを気持ちよくしてくれる。

 
 ただ返事だけではいけない。「ただ言葉遣いをしっかりしても仮病はいけないぞお前ら。」と今日何人かに伝えた。


 月曜日から始まったフットボール練習、もちろんの如く日に日に厳しくなってきている。休憩時間がいつもより短く感じ始めた頃、選手は妥協する隙間を探し始めている。


 「足ひねっちゃったんですけど~」という選手は今日何人いたことか。


 こういう「演技」している選手ってもう喋る前からバレバレ。嘘ついている奴らに限って大げさに歩いてみたり、休憩したいがためにゆっく~~りと靴を脱いだり。


 本当にスターターになりたいんならそんなことしないだろ?と言いたいが、そこはコーチ陣の仕事。僕らは深くは突っ込まないと。

 
 それでもこういった演技患者も勉強になる気がする。高校生なんて日本もアメリカも一緒かな??


PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
でも、こっちの人ってさ、すぐばれるうそつく人ほんと多くない?”いやまてよ?”って思うこともないようなありえないうそとかマジで多すぎ。でも、”Yes, sirとYes, mam”は聞いて手気持ちいいよね。
NONAME 2007/04/28(Sat)01:09:18 編集
<< 我が校の・・ HOME 相方アダム >>

忍者ブログ [PR]