忍者ブログ
 
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [278]  [277]  [276
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 今回のニューヨーク旅行の際、往復で2度のフライトキャンセルと遅れがあったノースウエスト航空。帰りに限っては荷物も送れて届いたのでさすがに腹が立ちクレームをして、もう2度とこの会社は使わないと思っていた。

 
 しかし先日同社から謝罪の手紙が届き、そこには5,000マイルものボーナスがつけられていた。


 一度は退会しようと考えたこのメンバーシップも、これならまあいいやと思う。



 話は変わり、昨日高校での出来事。


 トリートメントが一通り終わり、話題は「狩り」に。

 
 アメリカ南部に位置するミシシッピ州では狩が非常に盛ん。冬から春にかけてが一番の狩シーズンとも言えるらしく、ターゲットは「鹿」(=Deer)。

 
 鹿氏
 

 アシスタントATのブライアンが自慢げに取り出したのが、


 「鹿ソーセージ」であった。


 もう1人の学生トレーナーの男は、目を光らせ、


 「鹿ソーセージやん!!」


 と、まるで大好物の料理を目の前にしたかのような嬉しい顔を見せた。


 「南部の人にとってこの鹿ソーセージとやらは普通なの?」


 という僕の質問に、


 両者は言葉なしにうなずいた。



 これはお前のために持ってきた!と言うブライアン。



 さっそく電子レンジに入れ温めてくれた。


 なんだか金属がさびたような色で、形も変。本当に食べていいものなのかと思った。


 「店じゃ買えないぞ」


 という言葉に初め戸惑った。えっそれは売ってはいけないものなのか?と。


 勇気を振り絞り、食べることに。


 味は思った以上に良く、非常に歯ごたえがあった。そこまで油っぽくないのにも驚いた。ブライアン曰く、これは低カロリーらしい。


 ちょっとしてから、ヘッドATのジェフがやってきた、


 すると、


 「鹿ソーセージじゃん!」

 
 なんなんだこいつら。


PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

馬氏のお肉
このあいだアメリカ人に食べさせました。
最初引いてたけど、一口食べた後は人が変わったようにむさぼり食べていた。いわゆる狩猟系の獲物(game)は「くどい」というイメージがあるようで、馬もその類だと思っていたとの事でした。。。馬はgameなのか?とツッコミたくなりましたケド。。。

追伸、後背筋がつっちゃって、痛い。
ようへい 2007/04/01(Sun)01:54:49 編集
鹿氏のお肉
は僕も大好きやね☆
でもアメ人に馬刺しの話をしたら引き気味になるけどね。
僕はあんまり違いが解れへんねんけどあの人達にとったら何かが違うんやろうな・・・

ところで体調が良くなった様でなによりでございます。
ぺぺろん 2007/03/29(Thu)08:38:15 編集
<< 油断してたわ HOME ライス大 おかゆ >>

忍者ブログ [PR]