忍者ブログ
 
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 毎週月曜日は治療器具を実際に使って実験する時間。これが数多い月曜日のクラスの中で一番好きなクラス。今日は新しい実験をやるということを先週から聞いていたのでカメラを持って写真を撮ってきました。


 まずやったことは電気治療。日本でも整形外科などのリハビリ器具として知られています。痛みの患部に + と - の電極の着いたパッドをあて筋肉などを刺激するというもの。ただ今日やったのはそれのバージョンアップ版で、水中での電気治療。

 えっ水中で電気?と思うかもしれませんが、これはちゃんとしたリハビリ用法でアスレチック・トレーニングルームではたまに見られることが出来ます。もともと足首の捻挫や手の骨折の時などの場合患部にパッドがうまくフィットしないときに使われます。


 水中で電流が + から - に動くので、その間に足や手を入れ刺激を与えるというもの。実際やってみたけど結構これ痛い。実験結果、電流の当たる面積が大きいほど刺激が上昇する。だから指先だけ入れてもほんのちょっとしか刺激がこないということが分かった。


               
バケツは先生の息子のおもちゃ箱から借りたもの  こう見えて結構刺激が強い


 もう一つの実験は「コンボ」というもので、電気治療と超音波治療を同時にあてがうというもの。これは怪我などで衰退した筋肉をよみがえらせる効果があると言われています。いわゆる筋肉を「起こす」って感じ。だから超音波器具の頭部が筋肉のツボに当たった時「ピクッ」と反射するのが観察できました。やてみるとこれ結構気持ちい。クラスメイトはついつい気持ちよくなってかなりうとうとしていました。


 
 こんな感じ


 実際トレーニングルームではこのような治療をやるチャンスがないのでこういう場を使って勉強するしか今はできません。いつでもきて自習していいって言われたので今度疲れたときでも治療しよっかな。
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
僕も友達が肩甲骨の付近をやっているのをみてやりたくなってきました。あれ相当気持ちいらしいですね。
Yutaka 2006/10/17(Tue)11:30:35 編集
無題
今度実験台になるからコンボで肩甲骨の周りやって。
2006/10/17(Tue)10:28:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 減りまくり HOME ボランティアな1日終了 >>

忍者ブログ [PR]