忍者ブログ
 
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [240]  [239]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 2007年アメリカで初めて太陽を浴びました。風は多少つめたかったけれど、久しぶりの太陽に元気が出た1日でもありました。やっぱ陽だ、陽。


 晴れたおかげで、高校の野球部が外での練習を開始しました。今日はその練習見学。


 96, 97, 98, そして昨年'06 と州のチャンピオンに輝いている野球の名門学校。バックネットに聳え立つ屋根つきのスタンドには圧巻。大リーグの球場みたいに、両軍のベンチは掘られていて、しっかりそこからロッカールームにもいける通り道も設備されている。


 いくら規模の大きい学校でもこの施設はヤバイ。


 驚いたことに、昔このスタジアムはあのヤンキースのキャンプ地として使われていたらしく、そのサイズはプロ用に作られたらしい。


 スタジアムに入って瞬時に察知できるのはセンターの深さ。普通日本のプロ野球の球場のセンターバックスクリーンはおよそ120mが妥当である。しかしこのグランドの深さは135m。それに比べて両翼は95mなので、いかにこのグラウンドがひし形に近いことがわかるだろう。


 芝生もフカフカ。もう野球をする上では最高の環境がここには整っている。


          
        今度はもっといい写真を撮ってきます。

 
 今日はこの後バスケット部の試合があったので、ただの見学で終わってしまったが、時間があるときはマイグローブを持って練習を手伝ってこようと思う。


 それにしてもいつも思う・・・なんでアメリカの野球ユニフォームってセンスが無いんだろう(大リーグは除く) うちの高校が非常にいい例だ。
 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題
いい例だ。
きのした 2007/01/26(Fri)17:46:56 編集
<< 卒業後 HOME Ghetto校 >>

忍者ブログ [PR]