忍者ブログ
 
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 願い届かず・・・プレゼンの順番は回ってきませんでした。これで週末はプレゼンの用意とテスト勉強をしなければいけません。あ~あ~。まあプレゼンは今日発表する気持ちで行ったので用意はできています。ただ、早く終わらせたかった~


 プレゼンの順番はいったいどうやって決められたのか?先生に聞いてみると「準備のできていない順」だったそうです。


 プレゼン日の前日はパワーポイントなどを使う生徒に限っては、あらかじめ自分が使うパワーポイントのファイルを先生にメールにて転送することになっています。僕のファイルが一番早く着いたようで、先生には「Yutakaは準備ができているから後回し」になったそうです。そんなつもりで送ったんじゃないのに・・・

 逆に昨日の夜中から今日の朝にかけて転送した生徒は「用意ができていない」と捉えたらしく、その6人が今日発表することになったのです。


 この先生、こういった生徒を気まずい雰囲気に漬け込むのが得意です。それもこのプログラムの方針のようで、生徒に不安感を抱かせ、そういったいかなる状況でも冷静に対応できるスキルを築かせる、という狙いがあるらしい。だからいつもランダムに生徒を指名し、クラスの前に立たせ質問の嵐。まったく予測のつかない状況に置かれた生徒はパニクり、すべてが悪循環となる。毎日がプレッシャーとの戦いだけれど、アスレチック・トレーナーはそれ以上の重圧に耐えられなければいけないもの。こういった学習方針を取ってくれている先生にもそういった狙いがあるのです。


 ディレクターが急きょ代わりどうなるかと思われたこの学部も、今のところは期待以上のものが得られている気がします。あとは僕ら生徒しだいですな。
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< トムさんからのお土産 HOME プレゼンは5割の確率で >>

忍者ブログ [PR]