忍者ブログ
 
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 昨晩サルサ会に一緒に行った友達は結局泊まる場所が無いと言うので僕の家に泊まりました。


 日本食を含む外国の食事を嫌がることなく食べる彼も、昨晩の疲れからか「アメリカンフードが食べたい」と言うので、久々にハンバーグ+ベーコン+チーズ+その他をレシピ無しに詰め込んだようなバーガーを食べてきました。


 普段はあまり油っぽいものは食べない僕ですが、久しぶりに食べるとおいしいものです。特にサルサ後は絶品です。

 
 そんな彼ですが、2日連続で行われるサルサライブに今日も行くため先ほど出て行きました。 


 「そんなに好きなの?」 と尋ねると、


 「いやーこんなオレでもサルサが踊れると女が寄ってくるんだよね。」 とただのスケベでした。


 

 話は戻り、油っぽい料理と言えば、アメリカのもう1つの魅力(?)といえば甘いもの。


 日本屈指の超甘党の僕からすれば、この国で培った甘さのレベルはもはやK点を超えています。

 
 今日買い物に行ったとき、その甘党が惚れた1品に出会いました。
473fc7982c547_33605b.jpg
 
 
  『オレオ ホワイトチョコレートカバー』 です。


 もちろんこれを上回る甘さのものはいくらでも存在するこの肥満大国ですが、甘ければいいってもんじゃない、本当の甘さはこうだ!というメッセージがナビスコ社から伝わってきた1品です。


 12枚入りですが、全て食べてしまいました。 

 
 甘党万歳! ライバル求む。


 

 
PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

白俺お
Daichiさん
値段は$2でした。これから週末のご馳走として楽しみたいと思っています。Charleston Chews というものは食べたことがありませんね。なんだか甘党の血が騒いできました。

ぺぺろんさん
東西甘党対決ですね。あまからあんかけチャーハンはカウントされないのでご了承を。
Yutaka 2007/12/03(Mon)09:57:24 編集
挑戦状。
日本で仁義無き甘党の戦いを楽しみにしております。
ぺぺろん 2007/12/03(Mon)09:53:20 編集
無題
そのオレオうまそう!でも高そう!w
貧乏な俺には手が出せそうにない…。
質より量なんです。そんな自分も安くておいしい
キャンディーを最近発見してはまってます。
Charleston Chewsです。食べた事ありますか?
白いバニラ風味の柔らかいキャラメルが
チョコレートでコーティングされてる一口サイズの
お菓子です。結構甘いの好きですよ。

甘いものと一緒に飲む牛乳も大好きですw
Daichi 2007/12/02(Sun)18:37:24 編集
<< 暑くて痛い1日 HOME そんなにヒップを押し付けないでくれ >>

忍者ブログ [PR]