忍者ブログ
 
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 ディレクターの便が提案した中で唯一支持されている 「一般医療施設での実習」 が昨日から始まりました。


 この実習、生徒によって実習場所と期間が異なり、僕のローテーションは昨日から15日までのあいだで15時間の実習時間が求められます。場所は校外の診療所。ちなみに先学期はキャンパス内の医療施設で、二日酔いやらタバコの吸いすぎやらいろんなものを観させてもらいました。


 今回僕が就くドクターの名前は、ダイアモンド。 まだ30代後半といったとこでしょうか、かなりのイケメンです。悔しいくらいイケメンです。2人の専属ナースがうっとりしてしまうほどイケメンです。


 そんなダイアモンドのように輝いた先生の下での実習初日。高血圧、アルツハイマー、糖尿病、などなど比較的患者が高年齢ということもあって、キャンパス内で見るものとは違っていました。



 1つ興味深かったのが、プチ手術。イボの除去でした。手の甲にできた大きなイボのようなもの。悪性のものではなかったらしいがその場で取ることに。麻酔をしてサクサクとイボを切断し、バイアグラの話をしながらあっという間に縫い合わせてしまいました。



 こうなんか、手際のよさといい、仕草といいお見事でした。


 その後ナースが、「ダイアモンド先生の縫合見れたの?あんたラッキーよ!」 だって。


 それ結構レアなのか?それとも女はあの手さばきに心を奪われてしまうのか?

 
 今度は抜糸に注目ですな。

PR




sponsored link


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

ヤブ
すごいヤブ加減ですね。嫌がらせもいいところですよね。
Yutaka 2007/11/10(Sat)08:56:35 編集
無題
良い医者にめぐり合えてよかったですね。
内のチームドクターは紛れもなくヤブ医者で困っています。
Fibulaの明らかに腱も靭帯も付いていないところの腫れがひかないので何度か診てもらっている選手がいるんですが、捻挫の一点張りでいっこうにレントゲンを撮ってくれません。
怖くてリハビリもできないのですがどうしたらよいでしょう?
なおき 2007/11/10(Sat)08:54:37 編集
<< ダイアモンド Part II  ステーキの調理加減 HOME 検定試験に向けて >>

忍者ブログ [PR]