忍者ブログ
 
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yutaka
性別:
男性
職業:
大学4年生
趣味:
いたずら
自己紹介:
アスレチックトレーナーになるべくアメリカはミシシッピ州にある The University of Southern Mississippi にて修行中。

コメント・ご連絡お気軽に。

yutaka2@hotmail.com
[Top] [1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





sponsored link


 何か良く寝れたと思って目が覚めたら寝坊してました。


 よく考えたら留学生活、寝坊はこれが初めてのことだろう。日本にいたときも寝坊なんて数える程度。普段は絶対と言っていいほど携帯の目覚ましをかけて寝るのに、なぜか昨日は忘れていたようだ。


 寝坊はしたものの、運良く今日の朝はトリートメントのみ。30分遅れでトレーングルームに着くも、選手は誰もいず他の学生トレーナとスタッフ達がベットに横たわってテレビ見ていました。僕がいてもいなくても変わらないじゃんよ。


 
 今日は野球部が筋トレする日だったのですがオフになりました。フットボール部も遠征に出てしまったので、今日は僕もオフ。今週末は来週に迫った3つのテスト勉強に明け暮れることでしょう。


  
 そういえばフットボール部が遠征に出発する時、たまたまロッカールームの前を通ったんだけれど、今まで見たことの無いオッちゃん達が選手と一緒にバスに乗り込んでいました。良く見るとヘッドコーチのバウワーと何か仲良くしていました。


 良く考えたら明日の試合は今シーズンの大イベント、テネシー大学との1戦だったっけ。だからコーチの弁護士やら車のディラー屋のオーナーやら町のお偉いさんたちが試合に招待されているというわけ。そういえば去年もそうだった気がする。


 そんなオッちゃんたちのせいで、去年は遠征に帯同した際、行きは飛行機、帰りは車っていう試合もありました。何故だか帰り際にオッサン乗客が増えて、身分の低い僕ら学生トレーナー達は車で帰宅。6時間くらい掛かったかな。 


 まあ明日は帯同している学生トレーナーのためにも、そんなことにならないといいですが。。


 先週いきなり番狂わせが起きた2007年のカレッジフットボール。明日の1戦はどうなることやら。。。


PR




sponsored link


 最後のテストを受けた後、パイランド教授の家へ。彼の住む場所はいくら先生だからと言っても学校からは遠すぎる場所。山道をグネグネした奥に家がありました。田舎ののどか~な豪邸に住んでいました。


 僕は小1時間だけの滞在でしたが、なんか教授の家でクラスメイトがみんな集まって騒いで遊んで、すごい嬉しかったです。教授も奥さんと子供が留守だったので皮を破ったようにはしゃいでました。


 
彼のアイデアで行われた"Slip n' Slide"


 その山道を脱出し、今度は卒業式典の行われている学校内のコロシアムへ。渋滞に巻き込まれながらも何とか時間通りに到着。


 エミリの家族と合流し、彼女の晴れ姿、そして同じ英語学校に通っていた山田さんの姿もしっかり目にすることが出来ました。改めてこの場を借りておめでとうございます。


 エミリはオールAかなんかで学部の最優秀生徒として名前を呼ばれていました。はるばる孫の晴れ姿を見に来たおばあちゃんも大喜びでした。

 
 
 オバアチャン



 来年の今頃は僕の番(のはずです。)順調に行けばいいけど。


 




sponsored link




 今こんな心境です。 


 今学期テストは3つだけでしたが、内容が濃く疲れました。


 これから先生の家でバーベキュー、その後卒業式典直行です。


 



sponsored link


 朝一でパイランド教授のオフィスに行ってテストについての質問をしてきたところ、いつも通りの勉強方法でよいという答えが返ってきました。テストの点数そのものよりも、それ以上に勉強したことをこれから仕事するに当たってのヒントにして欲しいと。テストだけのために勉強はするなということでしょう。


 パイランドはそんなテスト話よりも、金曜日が待ちきれない。


 実は彼の家で「打ち上げ」をするからです。


 前にも書いたように、今学期で僕らの授業を受け持つのは最後の彼。そんな彼がパーティーを開いてくれるということです。


 「金曜日の1時あたりでいいか?」


 「ご飯はどんなものがいいかな?」


 「飲み物はどのくらい必要だ?」


 「うちまでの道順分かるか?」


 などなど熱い視線で僕に質問攻め。相当楽しみなのでしょう。


 僕らも楽しみ。ご飯を食べた後には、僕ら学部生からプレゼントを渡す予定。


 感動の瞬間を写真に納めたいと思います。



sponsored link


 今日朝一番で母から電話が入り、先日1軍登録された巨人の山口選手がヤクルト戦に8回3番手として登板し打線を無安打で抑えたよう。 1軍登録されたとはいえ、まさかこんなに早く登板できるとは。良かった良かった。




 そういえば今シーズンのフットボール部の予定表を見た。


 すでに2敗が決定しました。


 今年はテネシー大学 と アイダホ州のボイジーステイトという学校。


    

 10年単位らやで他のリーグの学校との試合が毎年2試合あるんだけれど、まず勝てるレベルではない。


 昨年はナショナルチャンピオンになったフロリダ大学と毎年上位にランクインするバージニア工科大。見事2敗した。


 テネシーはそのフロリダが属す同じリーグの強豪校。ボロ負けが予想される。


 ボイジーはコーチ陣の改善によりここ数年素晴らしいチームを築きあげてきている。いい勝負はしても負けるだろう。


 予定表を見ても他のリーグ戦相手を見ても何だかパッとしない学校ばかり。


 今シーズンもフットボール部からはこれといった情報は入ってこないし。またダメシーズンかな。



 

 



sponsored link


 月曜くらいから今日は朝から嵐になるとは聞いていたが、今までにない雨の降り方でした。実際降っていた時間は途切れ途切れでしたが、一回の降水量が半端じゃなく、一瞬で町は水浸しとなりました。


        


 写真は僕の住むアパートの目の前のガソリンスタンド。その向かいにあるちっちゃなケーキ屋さん。人が出てきて膝まで水が届いているのが見えます。


 水はアパートの敷地内にも侵入してきて僕の部屋の玄関までは届きませんでしたが、入り口付近の住民達は外に出れない状態でした。


 この1時間後は太陽が出てきて、一気に気温が上がり、普段の光景に戻りました。

 
 それにしてもすごい雨だった。雨のおかげで花粉が流れたことがうれしい。

 



sponsored link


 昨日図書館を出たのが夜の7時頃。駐車場へと向かうと、僕の車が止まっているあたりでパトカーとレッカー車がたかっていた。


 すると僕の車がレッカー車に引きずられるところだった。


 「ちょっと待って下さい。それは僕の車ッス!!」


 とレッカー車が動き始めると同時に警官を呼び止めた。


 レッカーされるのも当然、なんせ僕の止めたところは障害者用のパーキングエリアでした。


 通常夕方5時以降のキャンパス内の駐車はチケット無しで止めれるのですが、障害者用はダメだってことは自分でも知っていました。


 昨日は急いでいたこともあって、他の車も障害者用に止めてあったってこともあり、つい駐車してしまいました。


 とりあえず車はレッカーから降ろしてもらったものの、もちろん駐車違反の罰金をくらいました。


 その直後、同じ障害者エリアに止めていたほかの車がレッカーされていきました。


 ちょっとでも遅れていたらこうなるとこだったんだ。。今考えたらあの時図書館を出て正解だった。


 それにしても最近いいことあったり悪いことあったり。。


 気が抜けてるな。引き締めなければ。



 


 



sponsored link


 毎学期何らかの科目で「焦り」を感じる事があるけれど、今学期もその時期がやって来た。


 先週受けた3つのテストだが、どれもいまいち。納得できるものは1つも無かった。


 体調不良、盗難と災難がテストの点数にも響いてしまったようだ。


 これから残りのクイズにしろ、テストにしろヘマは出来ない。


 楽な学期っていうのは無いね。



sponsored link


 財布と携帯が盗まれた。ここまで大きなものを盗まれたのは人生で初めて。ただ自分のミスでもあるので、微妙な心境。


 いつもと同じ時間、同じ場所、ただ今日は気が抜けていたようだ。


 2年前のハリケーン・カトリーナで損傷した運転席のドアの鍵は外からから開けられないので、今は助手席に回り鍵を開けている。


 今日もいつも通りそのドアを開けようとしたら既に開いていた。


 あれっ


 そしたらもうそこには無かった。


 高校でのトリートメントはほんの1時間だけ。最近は野球のシーズンなのでそっちを優先しているため、携帯と財布は車内に残しておいた。それが大間違いだったね。。。


 そしてなぜか助手席のドアも閉め忘れていた。カトリーナが無ければ・・・・


 昨日「鹿ソーセージ」をご馳走してくれたブライアンがすぐにキャンパスの警察に電話。同時にそこに駐車している関係者達にも声を掛けてくれた。


 盗まれた携帯に電話しても圏外。GPAシステムなんぞ搭載していない旧型携帯。もう明日にでも買い換えようとしていたものなので、そこまでショックは無かった。むしろアンナもん盗んでもなんも出来ねーぞ。


 ただ財布は痛い。留学前にいとこのアヤちゃんから貰ったルイ・ヴのもの。悲しいし、申し訳ない。


 盗難後、すぐに銀行に行って自分の口座をキャンセルしてもらったので、これでお金に関する被害は無くなった。財布のなかには$10しか入っていなかった。


 たまに行くスムージー・キングというシェイク屋さんのポイントカードを残り2ポイントまで積めての紛失も軽くショックだった。


 今は精神的に落ち着いてきたけれど、人はパニックになるとろくに喋れませんね。


 警察に事情調査を受けている時なんて、英語力が留学当初レベルだったし。カミカミ、オドオド。


 ちなみに高校では明日、全体育会生徒を集めてミーティングを開いてくれるそうです。

 
 $10、スムージーキング、中身はもういいから、自首してくれる気持ちが欲しいね。





 



sponsored link


 普段はめったに雑誌などは買わず、ネットの情報で済ませますが、今回は即買いでした。


 


 普通の雑誌よりも一回り大きく、写真が多く、さらに値段もちょっとするこのESPNマガジン。なんと表紙を松坂が飾っているでは。


 気晴らしにと、休み時間に本屋に行ったところ彼の顔を発見。


 後々、価値が出るかな~なんて思って買いました。


 
 大げさに書かれてるのかと思いきや、そこまでもない。


 「過去に失敗した助っ人外国人たち」とも比較されて彼は雑誌内で分析されていました。


 ちなみに過去に失敗した助っ人外国人(日本人)の代表に上がっていたのは、伊良部(元ヤンキース)と松井稼(ロッキーズ)でした。


 細かい戦略でランナーを進めてく日本の野球界と長打で点を取っていくアメリカの野球とでは松坂の防御率は1点ほど上がるとも書かれていました。それも過去の日本人ピッチャーの統計が現にそうらしいです。


 ESPN曰く、野茂の1年目の成績を上回るかによって松坂の大リーグでの今後が左右されるようです。

 
 



sponsored link


 ジムに着ていった他校のTシャツに対し、たまたまそこの学校に通っていたという男性が向かってきてちょっとした会話が生まれた。ここら辺の学校ではないので結構こういう出会いはレア。


 一緒に筋トレを進め駐車場まで歩いていると、彼はタバコをすい始めた。運動直後なのに。。。

 
 何も言わなかったけど、アホだと思った。

 

 

 先週末に今週締め切りであるペーパーは全て終わらしたので、来週に迫ったニューヨーク旅行の計画に取り組んだ。


 知っている人にはとことんニューヨーク事情を聞きだし、ネット、雑誌を利用し、散らばっていた情報がここにきてだんだん固まってきた。

 
 5日間の滞在中、チャンスがあればアメリカ版「ズームイン朝」に映ってこようとも考えている。こっちではグッドモーニング・ニューヨークって朝のニュースの顔である。


 被り物、メッセージボード、1発芸などなど候補はいくらでもあるものです。

 
 さてどうするか・・

 
 
 



sponsored link


                    

U.K バンドのJamiroquai(ジャミロクアイ)のボーカルが引退を表明したようです。ファンとしては残念なニュースでした。中学の頃、兄のもってたこのCD(写真)を聴いてから今に至るまでずっと聞いています。今思えば、これが人生で初めて好きになった洋楽だったかもしれない。



 話は変わり、今図書館にいるんだけれど、「トルネード警報が出たので1階の窓際から離れたところに非難しろ!」というアナウンスが出たので、2階から1階に降りてきたところです。


 家に帰ってご飯食べようとしたのに、もうちょっとここで待機してなきゃならなそう。


 まあこのトルネードのおかげで実習が休みになったから、こうやって図書館に来れているんだけれどね。


 今日のテストはむずかった。なんか焦っちゃって数問どじっちゃったし。


 まあこれが次への課題に繋がればと思う。


 今週もあと1日。

 



sponsored link


 昨日はテストが終わり、夜高校のソフトボール部の試合をカバーするためちょっと離れた試合会場へ行ってきた。


 気温が上がってきたとはいえ、やはり夜は冷え込む。


 2試合座りっぱなしだったせいだろうか、やたら腰が痛い。


 今日起きてもまだ痛い。


 なんか慢性的な痛みがする。筋を違えたとかじゃない痛み。とにかくイライラする。


 今日はゆっくりしてよう。



sponsored link


 急に暖かくなってきました。その春の訪れと共に、こっちに来て出てきた花粉の症状が見え初めてきました。


 鼻ムズムズするし、微妙に喉が痛い。


 去年のちょうど今頃、同じ症状、また今年もこいつと付き合っていかなければならなそうです。


 



sponsored link


 バイオメカニクスというつまらないクラスのテストを今日受けました。100問という量のテストを受けるのは久しぶりだったので実に疲れました。


 テストが終わるなり、今日はついてないこと続き。


 次の授業までの間、今月末提出のペーパーを進めていたら、最後フラッシュメモリーに保存したはずのものが消えいて、1時間を無駄にしてしまいました。そういう時に限って、冴えたアイデアが浮かんでいい事書けてたりするんだよね。 そんなこともあるよね。


 授業が終わってアパートに戻る際、突然自転車の左側のペダルが破損。


 カランカランって音と共に車道に転がって行っちゃいました。車が走っていなかったので、無事救助できましたが、そこからアパートまでの間片手にペダルを持ち、片足こぎというとんでもない姿で帰っていきました。 そんなこともあるよね。


 昼飯を作っている際、冷蔵庫にあったもやしを取り出した瞬間、全てを落としてしまいました。昨日買ったばっか。 まあそんなこともあるよね。


 そんなついてない事続きだった昼下がり、日本から持ってきた「人志松本のすべらない話」を観て思いっきり笑ってきれいさっぱり。


 おかげでその後は絶好調でした。


 ありがとうホッシャン。



sponsored link


 何だか旅の疲れと昨日の筋トレが重なり最悪の寝起きで迎えた今日。わりと天気もよくなり始め、これから花粉のシーズンが到来しようとしています。


 昨日起きた事なんだけれど、ジムでアメリカ生活2度目になる出来事に出くわしました。


 まずは1度目のをご覧下さい。


 2度目の今回は、大胆にも相手は空手胴着で登場。


 ガラス越しにウォーミングアップを兼ねてフォームを確認する彼。いかにも僕の存在を意識している。


 ヘッドフォンを着けていた僕に近寄ってきて、何かを言い始める。


 ヘッドフォンを外すと、彼はこう言う、


彼「君どこから来たか聞いてもいいかな?」


僕「日本ですけど・・・」


彼「そっ、そうですか。。聞いた話によると日本の学生は体育の授業で空手や柔道などのレッスンを受けると聞いたのですが。」


僕「僕の学校はそうでしたよ。僕は柔道と空手を取りましたよ。」


彼「GREAT!! 失礼ですが、僕のフォームを確認してもらえますかね??」


 
 と完全に何かを勘違いされているので、正直に言いました、


僕「空手はタダ遊び半分で取ったクラスなので、人に教えるようなスキルは無いんですけれど。」


彼「そうか、でも本場の人に見てもらいたいんですよね。。」


 1度目の時の全く似たようなセリフに僕は彼の願いを叶わせなくないにはいられなくなりました。


 そしたら彼、嬉しくなってジムのど真ん中で声付きで練習しはじめちゃいました。


 もちろん彼には満点を挙げました。


 嬉しそうな姿で去っていく彼のつま先でホップするように歩く華麗な姿、忘れることはないでしょう。


 



sponsored link


 このブログのタイトルでもある「HPR」という文字。これは毎日僕が勉強する建物の名前です。いわゆる僕が属する学部専用の建物。毎日このHPRまでフットボール場を横切り自転車をこいでいます。


 フットボールシーズンが終わり、本来なら今年の夏に完成する予定であったスタジアムの拡張工事、今週からようやく始まりました。


 そのおかげでスタジアムの真横に位置するHPRにたどり着くには一苦労。わざわざスタジアムの逆側まで行き、さらにHPRの周り半分はフェンス張りになっているので、結局建物に入るまで普段の倍の時間が掛かってしまいます。いい迷惑です。


 ちなみにスタジアムの完成図はこんな具合↓

 


 手前側のレンガの建物が今回付け足されるセクション。シーズン中満員にもなりやしないのに、なぜわざわざ観客席を拡張させるのか?僕には理解できません。


 ちなみに完成するのは僕の卒業後と言われています。


 学生の間は骨組み作業をしっかり目に焼き付けおこうと思います。




sponsored link


 アパートに帰ってくるまで長かった・・・今日の朝(15日)の3時頃ようやく帰って着ました。本当は11時頃には帰れる予定だったのに、乗り換え先のデトロイトで雪が降っていたため飛行を見合わせ。そんなんで気づいたらミシシッピの空港に戻って来たのが12時頃でした。天気が悪くちゃ文句のつけようがありません。運が悪かったとしかないです。


 そんなんで3時に帰ってきたのにも関わらず軽い時差ぼけで寝たのは朝の7時。8時からクラスがあったのですが、「今日はいいや」という気持ちになり結局11時からのクラスのみ今日は行きました。それも目を開けているのがやっと。宿題とか出ないで助かったわ。


 その後今学期の実習先である地元のハティスバーグ高校へ。同学年の学生トレーナーと一緒に実習先のヘッドトレーナー等に顔合わせと挨拶をしてきました。


 スポーツには特に力を入れているこの高校。トレーニングルームやウェイトルームは改装されたばかりでした。高校レベルでは巨大ともいえる野球場には早く入りたくて仕方がありません。


 今日は設備見学やチーム紹介などなど。。ヘッドとアシスタントの2人が初日にも関わらずとても暖かく接してくれ、また明日からが楽しみになってきました。


 今学期からは1つ下の学部生も入ってくるので、少しでも手本になれるようにしないと。


 その前にこの時差ぼけをどうにかしなければ。



sponsored link


 あれほどテスト前日に勉強する気がなくなったのは初めてだったかもしれません。何だかフットボールのシーズンが終わった=学期も終了といった感じだったので、やる気が吹き飛んでしまったのでしょう。


 それでも昨夜は粘りました、今日の1つのテストのために。


 午後1時、すべての試験は終了。と思いきや、


 ペーパーの締め切りが木曜日にあることをすっかり忘れていた。


 こうやって焦るとやる気の出てくる僕、速攻で終わらせました。そこまで難しいものではなかったから助かった。


 これで完全に終了。あとは成績を待つだけ。正直怖いです。



 そしてもう使わないであろう教科書をキャンパス内の本屋に引き取ってもらうことに。そこで先学期も起きたありえない出来事が再び。。


 古本扱いで$40で買った統計学の教科書だったが、いざ売りにだしてみると$60!?


 なんで値段が上がってる??先学期もこんなことが起きました。


 もちろん「何で?」みたいな事は聞きません。



 調子にのって他の本($30で買ったもの)を同じ本屋に持っていくと・・・・


店員「これは$8で」


 安っ!! まあこれは見た目のダメージがひどいからしゃあない。


 それにしても今学期もちょっぴり得しました。












 



sponsored link


 やはりテスト前日に練習を入れられると精神的に不安になるものです。いくら普段より少し短い練習とはいえ拘束時間は5時間に及びます。5時間の間何ができるか、選手に水を上げるためただただ突っ立ってるだけの代わりに何が出来るか、そんなことをずっと考えていました。


 そんなわけで明日は2つ期末試験があります。といっても勉強する気が全くわいてきません。これって準備できてるってこと?


 ほんじゃ











sponsored link


 今週の金曜からが正式には期末試験週間なんだけれど、いくつかのクラスではスケージュールが合わないため今日から期末試験が始まった。今日は朝から2つの試験があり、あと残りの期末試験5個となった。


 先週金曜日試合に負けた我が校フットボール部は来年度の頭に行われるボウルゲームに出場を決めたため、向う2週間は期末試験もあるということで練習という練習は行わないと決まった。ただ選手をキャンパスから出させないように週末は練習。そして試験が終わったと同時にまたクリスマス辺りまで練習開始。一番大事な時期にこれだけ勉強時間を与えてもらえるのは思ってもいなかった。ある意味負けてくれて助かったという感じ。


 来年に行われるボウルゲームだが、自分は行かないことに決めた。これは以前からうちのヘッドトレーナーとすでに話しあっていたことであり、年内中でのゲームだったら行くという旨を伝えておいた。

 
 もし金曜の試合に勝っていれば12月29日の試合で、その後すぐ(むしろ試合会場の近くの空港から)日本に帰ろうと決めていた。ただこれだけ試合が遅くなってしまうと(1月7日)日本でやらなきゃいけないこともさすがに出来なくなってしまうからだ。


 ボウルゲームに着いていけないのはちょっと残念だけれど、良く考えれば今回のボウルゲームはお世辞でも決して「すごい」とは言えない。相手チームもそこまでの学校でもないし、ましてや場所はここから1時間くらいの場所。


 とりあえず今分かっていることは、クリスマス後辺りに帰国予定。それまでは練習の手伝いって具合かな。








sponsored link


 日本とアメリカのメディアの違いについて論文を書いている友達がいるんだけど、昨日その子に頼まれてアンケートを受けることになりました。


 内容は2国間のコマーシャルの違い。日本のコマーシャルを10個くらいみて、アンケートに書かれた質問に答えるという非常に簡単なもの。


 昨日見たコマーシャルは、
 

1.車(日産)
2.メイク落とし(ビオレ)
3.車(トヨタ)
4.保険会社(AFLAC)
5.英会話学校(EAON)
6.車(日産)
7.お酒(梅酒)
8.白髪染め
9.ヘアスプレー
10.ゴルフクラブ


 などなど。


 アメリカのCMは毎日見ているからこうやって久しぶりに日本をCMを見るとなんだか画面が鮮やかというかすべてのCMに音楽が入っている印象を感じた。

 
 あと一番の違いはCM1本あたりの時間。こっちアメリカは平気で1分ほど続くCMがほとんど。それに比べて日本は長くて30秒、平均だと15秒というところ。


  
 日本では法律で定められていることだと思うけれど、こっちでは他会社製品との競争がCMでは伺える。代表的なのがコカコーラとペプシ。ペプシがいつもコーラに勝つというのがここでのルールみたいなもので、このCMは特に面白い。

 http://youtube.com/watch?v=uvY9E_BisBI


 
 CMというのはその国ごとの文化や風情によって全く違うもの。アメリカのCMはどっちかというと「絵で伝えるメッセージ」という印象が感じられる。 


 ただどの国も共通して言えるのは、スポーツ選手の演技が非常に固いということですかね。(ただしゴン中山とゴルフの丸山茂樹は除く)







 



sponsored link


 夜間練習から今帰ってきました。今週はリーグ優勝を決める大事な試合。僕らトレーナー陣もそのため長~イ練習に付き合わされています。


 明後日は大事なプレゼンテーション、木曜日は大事なテスト。そしてもしかしたら遠征についていくかも知れないので最後の波に飲み込まれないように喰らいついていかなきゃいけません。


 短いですが今日はこの辺で。




sponsored link


 昨晩は久しぶりに勉強をお休みしました。テスト2個受けたらドッと疲れが出たので映画を見て寝てしまいました。結果的にはそれがいい充電になったようで今日の朝の目覚めは今年最高といってもいいくらいでした。


 今日は激寒でした。手袋もなんもないので素手でウォーターラックを長い時間持っていたら手がもうジンジン。ここミシシッピもようやく冬の訪れでしょうか。


 今学期僕ら学生トレーナーと混じって「お手伝い」という形で1人の女の子がフットボール部についています。彼女はこの後大学院でアスレチックトレーニングを学ぶために今こうして手伝ってくれています。


 その彼女昨日突然、「明日からサンフランシスコ行くの。帰ってくるのは月曜びになる。」となんとも自分勝手な発言。

 どうしてかと尋ねると、親戚皆が集まるパーティーに行くとの事。


 「またサンフランシスコなんていいところだね~」と聞くと、


 「そうなの、あんまりみんなには言いたくないんだけれど、実は・・・」


 
 「私の叔父さん Jerry Rice (=ジェリー・ライス)なの」

 


 え~~~~! 何で今まで言ってくれなかったの~~~


 ジェリー・ライスって言ったらNLFの超大御所でしょ。しかもミシシッピ出身。



 しかし驚いた。こんな身近なところにこんな偶然があるなんて。。


 その場で速攻サイン頼んでおきました。


 でも彼女の性格上、絶対忘れそう。 


 電話しまくろう。



sponsored link


 先週と同じく本日水曜日は今週の山でした。2つのテストが終わりホッとしています。


 今日は朝からレッドソックスが51億ドルの破格で買い占めた我らが Daisuke Matsuzaka の話題でいっぱいでした。


 朝一のテストの後、先生から「Matsuzaka ってのはそんなにすごいのか?51億ドルの価値があるのか?」などと真剣に質問をされました。


 また「ジャイロボールってどうやって投げるんだ?」などとも聞かれ朝から松坂攻めを食らいました。


 
 フットボール選手にジャイロボールを説明するのは簡単。だってフットボールを投げるのと一緒だから。でもそれを説明しても彼らは「そんな手首の返しで90マイルを出すのはおかしい!」と口を揃えていっていました。でもそれが出来るのが Daisuke Matsuzaka の武器。こっちで成功してもらいたいです。


 そんな松坂の話で盛り上がっていましたが、中には「松坂音痴」もいるわけです。

 「ワールドベースボールクラシックで活躍した日本人ピッチャー・・・・」という情報だけで勝手に松坂像を作り上げてしまった人たちはどうやら渡辺俊介と勘違いしていました。

 「あああの地面すれすれのサブマリンのやつ!!」 


 そんな勘違いも丁寧に説明してあげました。


 
 一番びっくり(ショック?)だったのは、クラスメイトの一人が松坂が横浜高校出身だったということ。どこから仕入れた情報か分からないけれど "Yokohama High School" の文字を見たらしい。


 僕が横浜出身と知っている彼は、


 「Yutaka もたしか Yokohama High で野球やってたんだよな?」


 こんな質問日本で耳にタコが出来るほど聞いてきました。

 
 僕が卒業した学校は松坂の卒業した横浜高校に負けた横浜商業という高校であるだけです。


 で、アメリカ人も日本人と同じく、それを聞いた後、


 「あ、なんだ」(= Oh, Ok.)


 実にむなしい感情にされるこの一言。アメリカでも体験するとは。。。これから先が怖い。


 アメリカのスポーツメディア様、Yokoham High School の名前は伏せてください。



sponsored link



忍者ブログ [PR]